コンサルうつ病克服ブログ⑮:薬を減らしてみても、いいですか?

ここ数か月、昼間の調子も良く、睡眠もしっかりと取れています。

そんな状況が続いていたので、勇気を出して精神科医に薬を減らせないか相談してみました。

「薬を減らしてみても、いいですか?」

目次

ずっと減薬相談をしたかった数か月

じつは数か月前から減薬相談をしたかったのです。

背景は、眠れなくて薬の種類を増やしてしまったから。

一時的に仕事が忙しくなり、家に帰っても頭の中がグルグルとして考え続けるような感覚を覚えました。

脳が活発に働いている感じで、全く眠くならないんです。

それを医師に伝えると睡眠導入剤を処方してくれました。

「このまま薬の種類や量が増えた続けたらどうしよう・・・。」

辛いときは薬に頼ってでも、前を向けるようになった方が良いと個人的には思うタイプの人間です。

なのですが、薬の種類が増えることには少し抵抗がありました。

と思いつつも、背に腹は代えられない。

投薬治療は医師の指示に従い、しっかりと続けました。

様々な要因はあると思うのですが、治療のおかげか、仕事も落ち着きはじめたからか、次第に調子は良くなって睡眠もしっかりと取れるようになりました。

そうなると、「薬を減らしても平気なんじゃない?」という気持ちが湧いてくるんです。

本当に薬を減らして大丈夫かは、素人である自分にはわかりません。

いっぽうで、医師からしたら他人の身体や心の状態は見えませんので判断が難しいです。

要注意なタイミングです。

自分の感覚を信じつつ、医師の診断に従う

個人的には問題ないと思っていても、本当に大丈夫かどうかは医師の判断に従いましょう。

でも自分で伝えないと、始まりません。

医師から薬を減らす提案をするのは、なかなか難しいんだと思います。

仮に医師から薬を減らす話をして患者が拒否する感じになったら・・・。

医師の方から減薬の話をもういちど出すのは、心理的なハードルが高まるんじゃないでしょうか。

下手したら患者が医師に対する信頼感を失って、治療が中途半端に終わってしまう結果になるかもしれません。

そんなことになるくらいなら、患者さんが自分から「薬を減らしたい」と言ってくれるようになるまで待つ。

きっと、そんな医師が多いのだと思います。

今回、減薬を申し出たのは以下に書いたような状況が続いたから。

「きつね」が減薬相談を決意したポイント

  • 睡眠や食事などの生活習慣が改善したと実感できる状況が数か月続いている
  • 公私ともに環境が安定していて高ストレスになるような状況にならない
  • 自分自身が「うつ病」ということを自覚して、精神的に安定する方法を探し続けるようになった

医師も調子が良いことを感じてくれていたようです。

「調子が良いみたいですしね。減らしてみましょうか。」

まずはサインバルタという薬(正確にはサインバルタのジェネリック医薬品)を、2カプセルから1カプセルに減薬することになりました。

少しずつ良くなっているのが嬉しいです。

うつ病を抱えながらコンサルタントとして仕事を続けるには

「あなたが、うつ病を抱えながらも仕事を続けるかどうか」悩んでいるのなら、以下の記事が助けになるかもしれません。

ブラックな業界というイメージのあるコンサルティング業界ですが、近年はホワイト企業化しているコンサルティングファームも増えていることを知っていますか?

うつ病・適応障害と向き合いながら、コンサルタントとして働くのは賢明な選択とは言えないかもしれません。

一方で、仕事から離れることが逆にストレスや不安感を高める可能性もあるのです。

ホワイト企業と評されるコンサルティングファームに転職することを考えるのは、価値のある選択だと思います。

あわせて読みたい
コンサル業界はブラック?転職ならホワイト500の日系コンサル【アビーム・ベイカレント・NRI】 さっそくですが、タイトルに対する答えです。 コンサルタントという仕事が「激務で残業続き・休日返上で仕事」というのは昔の話です。 今回は各ファームのサイトを参考...

コンサルタントとして働きながらもストレスをコントロールする力を身につける。

これが、わたしにとっての理想でした。

しかし、無理をしないことが一番。

職種や業界、職場を変えて、うつ病や自分と向き合いながら、仕事を続けるという選択肢も考えてみてください。

人生の選択肢は1つではありませんよ。

あわせて読みたい
うつ病からの復職におすすめ転職支援サイト【シゴトライ・パーソル・ココルポート】 もし、あなたも同じように「うつ病治療と仕事の両立」を考えているのであれば、ぜひ一度、うつ病を経験者におすすめできる転職支援サイトを覗いてみてください。 わたし...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる