コンサルうつ病克服ブログ⑥:大学生時代、心療内科で初めての診察

前回の記事で、生き方に悩んでいた私が、うつ病で治療中だった母親に相談することを決意したことまでを記事にしました。

今回は、当時の不安や「怖い・恥ずかしい」と感じていたことも正直に書いていきます。

目次

母から心療内科での診察を勧められる

過呼吸が癖のようになっており、自殺を考えるほどに追い詰められていた大学生時代。

楽に死ぬためには、迷惑をかけないで自殺するには。

でも、そんな方法はないし、死ぬ時点で親には迷惑をかけるし、悲しませる。

そんなことが頭の中でグルグルとして、出口のない迷宮を彷徨うようでした。

なんとか迷宮から抜け出すため、母がうつ病ということを知っていた私は、すがるように相談をしました。

「正直、生きているのが辛いよ。」

子供にそのようなことを相談された親の心情を想像すると、申し訳なさが溢れてきます。

それでも、当時は他に選択肢はありませんでした。

目に涙を浮かべながら、優しく母はこう言ってくれました。

「一緒に、私の通っている病院で診察を受けよう。」

心療内科での診察を決意

母にそう言われて戸惑う一方で、心の底ではその言葉を待っていたんだと思います。

私は母と共に、心療内科に行くと返事をしました。

「これでやっと楽になれる。」

でも、いざ診察の日が近づくと負の感情が沸き上がってきます。

「理解されないんじゃないか」

「変な風に思われたら・・・。」

「知り合いに病院へ行くところを見られたら恥ずかしい。」

そこにあったのは、不安・恐怖・恥。そんな感情です。

心療内科で診察を受けるということは、自分の「心の弱さを他人に晒すこと」のように感じ取れました。

心療内科の先生にはもちろんですが、病院に通うところを目にする全ての人に「私は心の弱い人です。メンタルが病んでいます。」と宣言しているのと同じ。

どうしようもなく初診の日が嫌になりました。

きっと、自分で診察を決めて予約をしていたら、初診の当日にキャンセルをしていたと思います。

しかし、母が予約をしてくれたことで「キャンセル」という選択肢を自分で取ることはできません。

初診の日に母に連れられて、心療内科へ向かいました。

心療内科での初診とアダルトチルドレンという自覚

ベッドタウンのような地域だからでしょうか。

10人程度しか入れない小さな待合室には、女性の患者さんだけが数名いました。

若い女性から、母と同い年くらいの方まで。

母と受付を済ませ、待合室で待っている間も下ばかり見つめていました。

誰の顔も見たくないし、見られたくない。

その感情が表に出たのでしょうね。

診察室へ呼ばれるのを待っている間も母とは特別会話をすることはありません。

母は待合室に置いてあった雑誌をパラパラとめくっていました。

何人かが呼ばれたあと、私たち親子の番になりました。

母からは「一緒に入る?」と聞かれましたが、「別々がいい」と答え、母を先に診察室に向かわせました。

しばらく待つと母が診察室から出てきて、入れ替わりに私が診察室に入りました。

診察室には優しい雰囲気を纏った女性の精神科医がいました。

「こんにちは。お母さまの診察をしています。」

そんな挨拶を始めに、家での母の様子などを聞かれた後、私の診察が始まりました。

「あなたは、アダルトチルドレンだと思います。」

その言葉を受けた瞬間、不思議と心が軽くなりました。

子供の立場でありながら、親の愛情を感じられず、むしろ親に気を遣って生活をしている。

いわゆる機能不全家族状態だったことを精神科医の言葉で気付かされました。

そして、「アダルトチルドレン」という枠組みを与えられたことで、漠然とした虚無感や孤独感の正体がわかったような気分になったのです。

「自分の苦しみはアダルトチルドレンだからなのか」

そう思えるだけで救われたのです。

精神科医からは「信田さよ子」という心理学者・臨床心理士の本を紹介されました。

本のタイトルは【子どもの生きづらさと親子関係―アダルト・チルドレンの視点から】です。

アダルトチルドレンについて何も知らなかった私は、この本を読んで自分自身の成り立ちを理解することができました。

自分がこのような感情を抱くのにも理由があること。

親も人間であり、完全ではないこと。

今後の人生は変えられること。

診察を受けるまでは、不安や恐怖がありました。

自分だけでは診察を受けるという決断には至らなかったかもしれません。

結果的に、私は母に救われたのです。

コンサルうつ病ブログの記事一覧

他のコンサルうつ病ブログの記事については、こちらにまとめている一覧をご覧ください。

あわせて読みたい
コンサルうつ病克服ブログ①:HSPが、うつ病を経つつ、コンサルを 20代後半のある年、コンサルタントとして働くなかで私は「うつ病・適応障害」になりました。 毎朝、起き上がるのが辛い通勤電車の中で、吐き気が止まらない昼間は手足に...
うつ病体験談のブログ記事一覧

うつ病を抱えながらコンサルタントとして仕事を続けるには

「あなたが、うつ病を抱えながらも仕事を続けるかどうか」悩んでいるのなら、以下の記事が助けになるかもしれません。

ブラックな業界というイメージのあるコンサルティング業界ですが、近年はホワイト企業化しているコンサルティングファームも増えていることを知っていますか?

うつ病・適応障害と向き合いながら、コンサルタントとして働くのは賢明な選択とは言えないかもしれません。

一方で、仕事から離れることが逆にストレスや不安感を高める可能性もあるのです。

ホワイト企業と評されるコンサルティングファームに転職することを考えるのは、価値のある選択だと思います。

あわせて読みたい
コンサル業界はブラック?転職ならホワイト500の日系コンサル【アビーム・ベイカレント・NRI】 さっそくですが、タイトルに対する答えです。 コンサルタントという仕事が「激務で残業続き・休日返上で仕事」というのは昔の話です。 今回は各ファームのサイトを参考...

コンサルタントとして働きながらもストレスをコントロールする力を身につける。

これが、わたしにとっての理想でした。

しかし、無理をしないことが一番。

職種や業界、職場を変えて、うつ病や自分と向き合いながら、仕事を続けるという選択肢も考えてみてください。

人生の選択肢は1つではありませんよ。

あわせて読みたい
うつ病からの復職におすすめ転職支援サイト【シゴトライ・パーソル・ココルポート】 もし、あなたも同じように「うつ病治療と仕事の両立」を考えているのであれば、ぜひ一度、うつ病を経験者におすすめできる転職支援サイトを覗いてみてください。 わたし...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる