【FIRE希望の会社員は必読】不動産投資初心者に『不動産投資 最強の教科書』をオススメ!

不動産投資を真剣に考え始めたら、絶対に読むべきです。

「はじめる前にこれを知っておけばよかった」「これを知らなかったから苦労した」という本当に重要な疑問を集め、わかりやすく解説しました。

不動産投資 最強の教科書, p7

年収400万円未満の低属性で預貯金もほとんどない状態からスタートした筆者。

筆者の実体験を題材に、普通の会社員が不動産投資家になるまでの投資手法失敗を避けるためのエッセンスが凝縮された本。

それが不動産投資 最強の教科書です。

目次

オススメ読者

オススメの読者は、「普通の会社員」か「不動産投資の初心者」です。

どちらかに当てはまる場合でも読むべきですが、この2つに当てはまるのであれば、読まないと人生損すると思います。

いや、損というよりも「不動産投資家として失敗」します。

不動産投資は不労収入を実現するために、会社員が取れる最有力の投資手法です。

にも関わらず、学校ではもちろん、社会人になっても不動産投資のことを学ぶ機会はないですよね?

そんな状態で安易に「不動産オーナーになって、不労所得を得て、会社員を辞めてやる!!早期リタイアだ!!」と猪突猛進に突っ走っては失敗するに決まってます。

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書―投資家100人に聞いた!不動産投資をはじめる前に知りたかった100の疑問と答え 】オススメ読者

  • 不動産投資で失敗しないエッセンスを知りたい方
  • 会社員を辞めたい・早期リタイア(FIRE)をしたいと考えている方
  • 不動産投資に興味があるけど、何を勉強したら良いかわからない不動産投資初心者

書籍概要

書籍概要として、著者と目次ベースでどんなことが書いてあるのか概観しましょう。

著者(鈴木 宏史)

本書を著したのは「鈴木 宏史(すずき ひろふみ)」さんです。

鈴木さんは、ブラック企業に勤めた過去をお持ちで、うつ病になってしまったそうです。

結果的に休職・退職に追い込まれてしまい「労働収入以外に収入の柱をつくらなければ」と感じて、不動産投資の準備と勉強を始められました。

零細の鑑定士事務所に勤めていたらしく、年収400万円未満。

金融機関目線では、お世辞にも良い属性とは言えないと思います。

でも、そこから不動産投資家として成功され、年間収入が1億円を超える現在。

  • 鈴木 宏史(すずき ひろふみ)
  • 1974年生まれ
  • 30歳過ぎに転職した企業がブラック企業(薄給・激務・パワハラ)で、うつ病をわずらい、休職・退職
  • 現在は、総投資額10億円・年間収入1億円超の不動産投資家

章構成

平凡なサラリーマンだった鈴木さんが不動産投資家として成功した秘訣とは・・・。

成功の秘訣(=失敗を避ける秘訣)と不動産投資を始めるためのステップ・流れが非常にわかりやすく書かれています。

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書―投資家100人に聞いた!不動産投資をはじめる前に知りたかった100の疑問と答え 】目次

  • 第1章 はじめる前に本当に知っておきたい基本中の基本【事前準備編】
  • 第2章 誰も教えてくれなかった物件選びの本当のコツ【物件選定・購入編】
  • 第3章 ここが肝心!お金を借りるための知恵と技術【融資戦略編】
  • 第4章 がっちり稼げる!賃貸経営の極意【物件運営編】
  • 第5章 投資の成否を分ける物件の手放し方【出口戦略編】
  • 第6章 真の不動産投資家になるための心の鍛え方【マインドセット編】

書籍詳細

投資家100人に聞いた「知っておけば良かった」という100の疑問に答えるQA形式で、【事前準備編】から【マインドセット編】までが構成されています。

各章で回答されている100のQAを「文字起こし」しました!

QAを確認して、あなたも気になる質問があれば 不動産投資 最強の教科書 を手にしてみてください!

第1章 はじめる前に本当に知っておきたい基本中の基本【事前準備編】

不動産投資をはじめる前に知っておきたい心構え的なことです。

「不動産投資が怖い」とか「もう遅いんじゃないか」というのは、普通の不動産投資未経験者は思いますよね。

第1章では、不動産投資のメリット・魅力、逆に失敗パターンなんかも取り上げて、そんな不安や悩み・疑問に答えてくれています。

筆者の経験をもとに「なぜ不動産投資をするのか」「不動産投資の計画」をじっくりと考えることができると、営業の甘い言葉に惑わされない判断軸を自分のなかに作り出すことができると思います!

第1章 はじめる前に本当に知っておきたい基本中の基本【事前準備編】

  • まずは心の準備をする
    • 不動産投資をはじめるのが怖いのですが……
    • 不動産投資の魅力って、何ですか?
    • 数ある投資の中でなぜ不動産投資を選んだのですか?
    • 不動産投資はあまり儲からないと聞きましたが、本当ですか?
  • じっくりと計画を練る
    • どんな物件に投資をすればいいですか?
    • 不動産投資をはじめるには、もう遅すぎるのではないですか?
    • 不動産投資をはじめるにあたって、大切なことはありますか?
    • リスクを避けるには、どうしたらいいですか?
  • 実際に準備をはじめる
    • 超初心者ですが、まずやるべきことは何ですか?
    • 無料セミナーに行ってみようと思いますが、勉強になりますか?
    • 宅建などの資格は必要ですか?

第2章 誰も教えてくれなかった物件選びの本当のコツ【物件選定・購入編】

この章では、「物件を購入するまでの流れ」や「不動産業者・物件の選び方」のコツが記されています。

筆者が法人化を勧める理由も定年に書かれています。

普段の私たちの考えでは、法人化なんて大それたことは後回しにしたいと考えちゃいますよね。

でも筆者は最初から法人化を勧めています。

その理由は、ぜひ本書を読んで理解してほしいです!

第2章 誰も教えてくれなかった物件選びの本当のコツ【物件選定・購入編】

  • 実践前の基本中の基本
    • 収益物件を取得するまでの流れを教えてください
    • どうやって優良な物件情報を得ているのですか?
  • 本当に効く業者対応のコツ
    • 不動産業者が情報を送ってくれません。どうしてですか?
    • 横柄な態度の業者とつきあうのは、やめたほうがいいですか?
    • どんな不動産業者にアプローチすればいいですか?
    • 売主の売却理由が気になります。確認しておくべきですか?
  • いい物件、危ない物件の見極め方
    • 過去に自殺のあった物件を紹介されました。見送ったほうがいいでしょうか?
    • 旧耐震基準の建物には手を出すべきではないでしょうか?
    • 私立大学付近の物件を購入したいと思っていますが…..
    • 銀行から紹介された物件や競売物件はお宝物件なのでしょうか?
  • ここが肝心!資料の見方
    • 物件概要書をチェックするときのコツを教えてください
    • 「レントロール」はどこをチェックすればいいですか?
  • 物件の良し悪しを見抜く!
    • 物件選びの最重要ポイントを教えてください
    • 物件を評価するには、どうすればいいですか?
    • 実際に建物を見るときのポイントを教えてください
    • 現地調査でいちばん大切なことは何ですか?
  • 買付け・契約前に肝心なこと
    • 買付証明書を提出したら、必ず買わなければいけないのでしょうか?
    • 買付けを何度も入れていますが、一番手になれません
    • 手付金はどれくらい用意すればいいですか?
    • 融資特約をつけるときの注意点を教えてください
    • 価格交渉がうまくいきません。何かいい方法はありませんか?
  • 法人で不動産投資をする
    • 法人ではじめたほうがいいと聞きますが、なぜですか?
    • 法人化するなら、株式会社がいいのでしょうか?
    • 合同会社のつくり方を教えてください

第3章 ここが肝心!お金を借りるための知恵と技術【融資戦略編】

いざ不動産投資をはじめようとしても、大きな壁が立ち塞がります。

「金融機関の融資」と「家族からの反対」です。

もちろん筆者の置かれた状況と、あなたの置かれた状況は異なるので、必ずしも実践できるとは限りません。

それでも属性を磨くことや金融資産を積み上げることで、道は拓けるはず。

実際に年収400万円未満だった筆者が現実を変えるために行った努力に触れることで、あなたの人生における転機となるかもしれません。

第3章 ここが肝心!お金を借りるための知恵と技術【融資戦略編】

  • 初心者が知っておくべき基礎知識
    • 不動産キャッシュフローって何ですか?
    • キャッシュフローが出やすいのは、どんな物件ですか?
    • 金融機関側はどのように物件の評価をするのでしょうか?
    • 住宅ローン、アパートローン、プロパーローンの違いがよくわかりません
  • 融資の不安を解消する
    • 何億円もの借金は怖くないですか?
    • カードローン返済の事故歴がありますが、大丈夫でしょうか?
    • 妻(夫)に猛反対されています。どうすれば説得できますか?
    • マイホームは不動産投資の足かせになるって本当ですか?
  • いまさら聞けない金利の疑問
    • 金利上昇リスクについては、どう考えていますか?
    • 変動金利と固定金利、どちらを選ぶべきですか?
  • いよいよ金融機関にアプローチ!
    • 金融機関にアプローチするのって、なんだか気が引けませんか?
    • どうやって金融機関にアプローチすればいいですか?
  • アプローチの素朴な疑問
    • どんな資料を準備すればいいですか?
    • 訪問の際に気をつけることはありますか?
    • 融資がゆるくなる時期はありますか?
  • 融資OKの人、融資NGの人の違い
    • どんな職業だと、銀行ウケがいいですか?
    • 年収500万円の会社員ですが、どれくらい融資を受けられますか?
    • 転職したばかりですが、融資は受けられるのでしょうか?
    • 独身ですが、融資は受けられるのでしょうか?
    • 無職ですが、不動産投資はできますか?
  • 次の融資を受けるために
    • 「赤字だと、次の融資を受けられない」って本当ですか?
    • 会社員を辞めると融資が受けられなくなりますか?
  • 自己資金についての戦略
    • 自己資金ゼロではじめられますか?
    • 自己資金はどれくらい必要でしょうか?
  • フルローンではじめる不動産投資
    • フルローンでもキャッシュフローを得られるのですか?
    • やはりフルローンは危険ですか?
    • できればフルローンで不動産投資をはじめたいのですが……
    • フルローン融資を勝ち取る秘訣はありますか?
    • フルローン融資を受けられるなら、その物件を購入すべきですか?
  • 融資条件を見極める
    • 返済は元利均等と元金均等のどちらを選択すべきですか?
    • 金利交渉のコツはありますか?
    • 金融商品をすすめられていますが、断ったらまずいですか?
    • 高金利の地方銀行から融資を受けても問題ないですか?
    • 「信用毀損」って何ですか

第4章 がっちり稼げる!賃貸経営の極意【物件運営編】

とても実践的なノウハウが語られる章です。

実際に不動産を所有していないとピンとこないと思いますが、利益を出す不動産投資のために必要な知恵です。

高利回りな築古の物件を購入したら、リフォームの問題には遅かれ早かれ直面するでしょう。

リフォームの問題に直面したときに、オーナーとしてどうすれば良いか。

きっと、参考になると思います。

他にも物件で扱うガスの種類や保険の話、税理士との付き合い方など費用・コストを下げる観点の知恵も書かれています!

第4章 がっちり稼げる!賃貸経営の極意【物件運営編】

  • 満室をキープする不動産経営
    • 人口は減少していきますが、満室経営はできますか?
    • どうすれば満室状態をキープできますか?
    • 客付けに有利な設備を教えてください
  • 管理会社を利用してラクラク経営
    • 管理会社の選び方を教えてください
    • 遠隔地の地方物件でも運営は可能ですか?
    • 管理委託で気をつけることはありますか?
    • 管理会社といい関係が築けず、困っています
  • リフォームは費用対効果がカギ!
    • リフォーム業者はどうやって探すべきですか?
    • 都市ガスとプロパンガスでは、どちらがいいですか?
    • プロパンガス業者からサービスを受けるとき、注意すべきことはありますか?
    • セルフリフォームで経費削減すべきでしょうか?
  • 賃貸経営を助けてくれる保証・保険
    • 入居者には家賃保証会社に加入してもらったほうがいいですか?
    • 保険代理店はどうやって選べばいいでしょうか?
    • 保険金の請求は、どうすればいいのですか?
  • 入居者への不安はこう解消する!
    • 外国人や生活保護受給者を入居させても大丈夫ですか?
    • 入居者が室内で自殺したらどうすればいいのですか?
  • 税理士との賢いおつきあい
    • 税務面は税理士にまかせておけば大丈夫ですか?
    • 不動産投資に強い税理士を見つける方法はありますか?

第5章 投資の成否を分ける物件の手放し方【出口戦略編】

不動産投資の目的・スタンスにもよりますが、出口戦略は考えておく必要があるでしょう。

インカムゲイン(いわゆる家賃輸入)とキャピタルゲイン(不動産の売却益)のうち、後者にフォーカスしたノウハウです。

基本的には「キャッシュフロー+売却価格」が「残債」を上回る状態になれば、その投資は成功です!

成功の可能性やキャピタルゲインを多く得る方法を学んでおきましょう!!

第5章 投資の成否を分ける物件の手放し方【出口戦略編】

  • 投資を完全成功に導く出口戦略
    • 不動産投資の「出口」にはどのような手段がありますか?
    • 少しでも高値で売却する方法があれば教えてください
    • 売却に踏み切る際に指標のようなものはありますか?
    • 売却活動のときに気をつけることは何ですか?

第6章 真の不動産投資家になるための心の鍛え方【マインドセット編】

最後の第6章にあるのは、「目標の可視化」や「投資家脳への切り替え」など自己啓発本に書かれているような内容です。

筆者も語っていますが、誰にも平等で有限な資源である「時間」が不動産投資においては、よりいっそう重要であると感じます。

あなたも本書をよんで、「人生の時間」について、どう使うことが人生を、社会を豊かにするか考えるきっかけにしてみてください。

第6章 真の不動産投資家になるための心の鍛え方【マインドセット編】

  • 不動産投資家としての資質を磨く
    • 真の不動産投資家になるために、常に考えていなければいけないことは何ですか?
    • 成功するためにはどのような資質を養えばいいのでしょうか?
    • 成功するためにどのように目標を設定していますか?
    • リタイア後の変化について教えてください
    • できるだけ早く成功したいのですが、何か方法はありますか?
  • 人は人の力を借りて成長する
    • 人生を大きく変えるためにはどうすればいいですか?
    • 規模拡大・加速のためのコツはありますか?
    • メンターがいたほうがいいのですか?
    • 投資家としていちばん大切にしているものは何ですか?

最後に

不動産投資というのは、普通の会社員が早期リタイア・FIREをするうえでは有力な手段です。

少子高齢化や地方への移住、自然災害の多発など、日本の不動産市場は今後も変化に見舞われるでしょう。

しかし、変わらないことは世の中に存在しません。

ビジネスだって、投資だって、あなたの働く会社だって、毎月振り込まれる給料だって、どうなるか誰にもわからないのです。

であれば、自らが積極的に収入源を増やしにいき、リスクに対して対策を打ちながら収入を安定させる術を構築する。

サラリーマンがそんな考えを実現する入門書であり、指南書が不動産投資 最強の教科書です。

すでに、あなたが不動産投資に興味をお持ちで「不動産業者の話を聞きたい!」「もっと具体的な話を、直接知りたい!」ということであれば、『セカオピ』や『RENOSY』と面談をしてみてください!

どちらも実際に面談をしてみましたが、話を聞くだけでも有益な情報が無料でゲットできます!

詳しい体験談も記事にしているので、ぜひご覧ください!

あわせて読みたい
【体験談】セカオピは評判以上の無料不動産投資アドバイザーサービスでした! FIREを目指して不動産投資を考えはじめ、『セカオピ』で面談をしてみました! 不動産投資のセカンドオピニオン【セカオピ】 今回はセカオピのサービス概要紹介と、セカ...
あわせて読みたい
【不動産投資初心者は必見】セカオピ直伝!安く中古不動産を購入する方法とは? 本当は教えたくない! 『セカオピ』の面談体験談パート2です! セカオピのファイナンシャルプランナーと初回面談を終えて、不動産投資の目的を明確に、言語化することが...
あわせて読みたい
【面談体験】RENOSY:不動産投資初心者の会社員が知識を得るにはオススメ 数ある不動産企業の中でも、RENOSYマイページから閲覧できる資料やメルマガは本当に勉強になりました! 不動産投資の初心者であれば、RENOSY(リノシー)と面談をするこ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる