スコッチグレイン5つの魅力!シャインオアレインのおすすめ購入方法

最近は金融業界でも服装のカジュアル化が浸透してきました。

ジャケパンやクールビズシーンではポロシャツなんかも違和感を感じなくなってきましたよね。

しかし、コンサル業界に属する者として、クライアント業界・企業の文化、ビジネスシーンに合わせて服装や振る舞いを変える「カメレオン」のような意識が必要です。

「ここぞ」というときはスーツを着て革靴を履き、ビシッと決める必要も出てきます。

そこで若手コンサルタントにオススメしたい、私も新人時代から愛用しているコスパも良い国産の革靴ブランドをご紹介したいと思います。

目次

東京・墨田区の国産ブランド「スコッチグレイン」

1964年創業の「ヒロカワ製靴」が展開する「スコッチグレイン」です。

あわせて読みたい

まずは、企業理念をご紹介します。

生活の中の道具である「靴」に、期待を超える品質を。

驚きに満ちた履き心地を。

ひとつひとつ丁寧に、誠実につくりあげていくゆるぎない誇りを。

https://www.scotchgrain.co.jp/company/index.html

私は毎日スコッチグレインのシリーズを履いて出勤しています。

企業理念の通り、日本人が日頃使う為の快適さを追求していると実感しています。

※同じ靴を履き続けるのは靴の劣化を早めるので、私は4足を使いまわしています!

余談ですが、ブランド名の「スコッチグレイン」はレザー加工方法の一種であるスコッチグレインレザー(scotch grain leather)にちなんで命名されたとのこと。

スコットランドで偶然にも麦の文様が革についたことが始まりとされている、革の表面に細かい粒のような模様が刻まれています。

「スコッチグレイン」5つの魅力

私が感じるスコッチグレインの魅力を5つご紹介致します。

極上の革を使い東京・墨田区で一貫生産

ブランド名の由来からも伝わるように、レザーへのこだわりは本物です。

社長の廣川氏自らが、職人として、社長として、姫路や栃木の国内タンナリー(革なめし業者)を含む世界のタンナリーと交渉をして良質な革を買い付けています。

天然物の革であるからこそ、それぞれの革に個性があります。

動物として生きていた頃の「血管の跡」や「シワ・キズ」なんかも革の個性です。

その個性を見極め「味がある」領域に昇華させるのがプロの技です。

累計約1万足にも及ぶ日本人に適した木型

デザインと履き心地。

靴を選ぶ上で重要な要素です。

スコッチグレインは創業時からの累計で約1万足分に及ぶ木型を作ってきました。

単なる型だけではなく、日本人の歩行癖までを考慮して木型を作成し続けているのです。

ヨーロッパを始めとする世界の上質な革を使っても、履き心地が悪ければ「生活の中の道具」として期待を超える品質を提供することは叶いません。

長く使える「グッドイヤーウェルト製法」

「グッドイヤーウェルト製法」というのは縫い靴の製法の1つです。

高級靴で使われる製法で、簡単に説明をすると「甲革(アッパー)とアウトソールを直接縫い付けない製法」です。

多様な部品を用いた複雑な製法ですが、直接縫い付けをしていないのでソールの交換が可能です。

安価な靴には「甲革(アッパー)とアウトソールを直接縫い付る製法」や「甲革(アッパー)とアウトソールを接着剤で貼り付ける製法」等が採用されていますが、こちらはソール交換ができません。

靴というのは年単位、下手すれば十年以上も履き続けることになります。

長い目で見れば「グッドイヤーウェルト製法」の方がお得なのです。

3万円台でビジネスシーンで恥じない逸品を

これ程までのこだわりが詰まった国産シューズブランドの「スコッチグレイン」ですが、価格はリーズナブルです。
海外高級靴ブランドでは10万円を超えてきますが、スコッチグレインは3万円台から購入できます。

国内一貫製造というのも「高品質・低価格」を実現する要因なのかもしれませんね。

晴(ハレ)雨兼用も活躍する「シャインオアレイン」

スコッチグレイン
スコッチグレイン

少しでもスコッチグレインの靴に興味を持って頂けたら、是非ともオススメしたいシリーズがあります。

それは「シャインオアレイン」です。

名前の通り、シャイン(晴れ)でもレイン(雨)でも使えるシリーズです。

防水加工をしている特殊なレザーを用いている為、エナメルのようなツヤツヤ感もなくレザーの質感を感じられる「晴雨兼用の本格革靴」です。

オススメの購入方法

スコッチグレインの靴は店舗や公式のオンラインストアで購入することができます。

私のように「スコッチグレイン・ファン」であれば公式オンラインストアでも問題ないでしょうが、初めてスコッチグレインの靴を購入する方に私がオススメしたい購入方法は少しお得に購入できる以下の方法になります。

①店舗でサイズ測定

まずは、最寄りの点パでサイズを計測してもらいましょう。

プロの測定によって、ご自身の足の縦横サイズを踏まえた最適な木型のシリーズを店員さんに選んでもらいましょう。

銀座本店でサイズを測ってもらいましたが、少し優雅な気分になりました。笑

↓のリンクから店舗情報のページに飛べますよ!

②大手ECサイトで購入

次に、お店の方には申し訳ない部分もありますが、最適なシリーズが分かれば後は大手ECサイトでも購入ができます。

大手ECサイトならクレジットカード払いでポイントが大量に貰えたりするので、だいぶお得になってしまいます!

③「ふるさと納税」も

実はスコッチグレインの靴は東京・墨田区の「ふるさと納税」返礼品にも選出されています。

さとふる等で「スコッチグレイン」で検索してみてください。

日本企業を応援する消費を

企業理念に恥じない製品を作り続ける「ヒロカワ製靴」さん。

日本人として、日本企業をを応援する意味でも、ぜひ購入してみてください。

私の友人は1万円前後の靴を半年~1年間で買い替えていました。

使い方やメンテナンスの差もあるでしょうし、履き潰して買い替えるというも1つの選択肢です。

ですが、私個人の考えでは「お気に入りの物を大切に長く使い続ける」方が幸せに繋がると思うのです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる