コンサルにも必要な資格?「ビジネス会計検定3級」の内容(簿記との違い)・難易度・合格率

突然ですが、質問です。

「ビジネス会計検定」という資格をご存知でしょうか。

近年、人気や知名度が上がってきている会計系の入門資格です。

会計系資格として、真っ先に思い浮かぶのは「日商簿記」でしょう。

社会人の必須資格という風に認識されている方もいらっしゃるでしょうし、実際として「お金の流れ」を意識できるようになるうえでは、とても有効な勉強手段です。

その簿記との違いは後程ご説明しますが、結論として、総合コンサルティングファームに勤める「業務コンサル・ITコンサル」の中で「戦略コンサルタント」へのキャリアチェンジをお考えの方は資格取得をオススメします。

事業会社にお勤めの方でも、経営企画や営業職の方は取得されておいた方が良いでしょう。

目次

ビジネス会計検定とは

まずは概要からです。

何事も大枠を押さえてから詳細を理解することで、全体感を捉えた理解が可能となります。

級別内容

ビジネス会計検定試験のサイトには以下の説明があります。

ビジネス会計検定試験は、財務諸表に関する知識や分析力を問うもので、

財務諸表が表す数値を理解し、ビジネスに役立てていくことに重点を置いています。

https://www.b-accounting.jp/about/

「分析力を問う」「財務諸表が表す数値を理解」「ビジネスに役立てていく」という記載からも、財務諸表に表れている数字の意味合いを理解・分析することで、数字に基づく客観的な判断を行う力を養う為の試験と捉えることができます。

ビジネス会計検定試験は3つのレベルに分かれています。

到達目標
3級会計の用語、財務諸表の構造・読み方・分析等、財務諸表を理解するための基礎的な力を身につける。
2級企業の経営戦略や事業戦略を理解するため、財務諸表を分析する力を身につける。
1級企業の成長性や課題、経営方針・戦略などを理解・判断するため、財務諸表を含む会計情報を総合的かつ詳細に分析し企業評価できる力を身につける。
ビジネス会計検定試験 公式サイトより

基本的な財務諸表の読み方を問う3級から始まり、企業の経営戦略・事業戦略を理解・判断するための2級、更に会計情報を総合的に分析し企業評価を行う力を身に付ける1級です。

試験要領

ビジネス会計検定試験は年2回行われています。

試験日程3月・10月の年2回開催
受験資格なし(希望級から受験が可能)
受験料3級:4,400円(税込み)
2級:6,600円(税込み)
1級:1,1000円(税込み)
※2020年9月現在
受験地札幌、仙台、さいたま、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、山口、松山、福岡の中から受験地を選択
申し込み方法インターネット申し込み
https://www.b-accounting.jp/apply/
ビジネス会計検定試験 公式サイトより

簿記とビジネス会計検定の違い

ビジネス会計検定試験と日商簿記検定の大きな違いは「財務諸表を作る力を問うのか・読み取る力を問うのか」という点です。

簿記の勉強をしたことがある方はお分かりだと思うのですが、企業活動における各取引がどの勘定科目(取引の分類)として処理されるのか、そして年度などの節目において、どのように集計して財務諸表を作成するのか、を問うのが簿記検定試験です。

一方で、ビジネス会計検定試験はこれまでもご紹介した通り、財務諸表を読み取り・分析する力を問う試験です。

自社の財務状況を判断したり、事業計画を立てる際や営業としてビジネス(取引)における収益性判断に大いに役立ちます。

一方で、その知名度の低さから受験者数や人事評価という意味合いでは、日商簿記検定ほどの力はありません。

資格名だけで勝負できるほど実務の世界は優しくありませんが、資格勉強で得た知識や考え方を活かして実績を積み上げることができる機会を得られるかどうかという観点は非常に重要です。

資格の認知度は、機会を得るという意味では重要な要素です。

特に30代前半くらいまでは、実績はもちろんですが保有資格によって機会を与えられることもあるでしょう。

そういう意味では、就職活動をしている学生や転職活動中の若手社会人が取得するよりも、実務機会を得るための資格と捉えた方が良いでしょう。

対象ビジネス会計検定試験日商簿記検定
財務諸表を読み取る力作成する力
受験者数は約1万人約20万人
3級の合格率は約60%約40%
認知度は低い高い
主催は大阪商工会議所日本商工会議所
試験内容が直結する業務は経営企画・営業経理
ビジネス会計検定試験・日商簿記検定の比較表

コンサルタントが取得する資格としての評価・価値

コンサルタントが取得する資格という意味では、ビジネス会計検定試験だけでは評価されないと思った方が良いです。

会計系や戦略系のコンサルティングファームでコンサルティングをする立場の人間であれば、公認会計士が求められるでしょうし、総合系コンサルティングファームでも資格自体の低認知度からプロジェクト組成時にアサインされる要素とは成りにくいです。

しかし、「価値」という意味では、取得する意味・勉強する意味はあると思います。

もちろん、会計系・戦略系で財務分析などをバリバリとこなしている方には不要でしょうが、総合系ファームで経営戦略・事業戦略に類するプロジェクトへの参画を目指すコンサルタントにとっては価値があります。

総合系コンサルティングファームには、様々なバックグランドを持っている方が入社されます。

中には財務・会計領域に触れてこなかった方もいます。

そのような方が自分の専門性を活かしたプロジェクトに参画し、プロジェクトを推進する中で担当領域を広げるという動きはキャリア形成上でとても重要です。

コンサルタントとしての生存戦略としての考え方です。

1つの領域でのスペシャリストとしてキャリアを貫くのか、π型人材(2つ以上の専門性と横断的な知識を持つ人材)を目指すのか、その知識と経験を如何にして得ていくのか。

後者の生き方を選ぶコンサルタントは、専門性を軸にカバー領域を広げていることを、実務や会議の中でアピール(証明)していく必要があります。

アピール(証明)していく方法の1つに資格もありますが、「分析⇒課題特定⇒解決策提案⇒実行」というコンサルティングの普遍的活動に直結する業務で活躍できることが重視されることは言うまでもありません。

この観点からも、実務に直結するビジネス会計検定試験を勉強する意味はあると判断できます。

勉強に際しては、以下の公式テキストと問題集だけで充分です。

ただ会計分野が苦手な方はオンライン学習サービスを使った方が疑問点も解消しやすく、費用対効果が良いかもしれませんね。

\ 安さ・質の両立/

ぜひ、ビジネス会計検定試験を取得して活躍をしてください!

あなたの活躍がビジネス会計検定試験の知名度向上にも繋がります!

※大阪商工会議所の人間ではありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる