事業経営を学びたいならコンサルタント転職よりも不動産投資デビュー

コンサルタントとして働いていると「経営の知見を学びたいんです!」という学生の声や若手コンサルタントの目標を聞くことがあります。

そもそもとして「なんで経営の知見を学びたいんですか?」と目的が定まっていない方も多い印象。

「漠然とした起業・ベンチャーへの憧れ」程度が理由でしょう。

なので、年収が高く社会的にも認められるコンサルタントになっておき、仕事を通して勉強もして、いつかは起業というモチベーションで就職。

「コンサルタントとして働き、いつかは起業も!」なんて考えるくらいですから、努力はできて成長もする。

順調に昇進昇格していき、年収は上がっていく。

すると、「このままでいっか」と落ち着く。

ま、自分のことなんですがね。笑

でもコンサルタントだからって、実際に経営しているわけではないのです。

もしもコンサルタントへの就職・転職に対して、経営者としての経験が得られると思っているのであれば。

必ずしも、あなたの思い描く経験は得られないと思ってください。

分析や提案が主な経営コンサルタントの仕事です。

ふと、心のどこかでモヤモヤしてくる。

「もう少し実践経験を積みたい。」

「自分で事業を回す経験をしたい。」

「とはいえ、既に得た年収や地位を投げ出すのは・・・。」

これも自分のことです。笑

同じような立場にいる、あなたに向けて1つの打ち手をご提案します。

「不動産事業経営者になる」

目次

不動産事業の投資家ではなく「経営者」

単純に「不動産投資」は「不動産事業」だからです。

株式や投資信託などのペーパーアセットに対する投資と異なり、不動産を活用して自分で売上を上げないといけません。

売上とは、すなわち「家賃収入」です。

不動産を借りて家賃を払ってくれる入居者がいないと、売上がゼロになる可能性だってあるのです。

不動産会社が提示してくる利回りの数字だけを見て、投資用物件の購入を決める人が失敗する理由は、事業と捉えていない点にあります。

「誰に、どのような場所で、どれくらいの価格で」不動産を貸し出すのか。

ターゲットに貸し出す不動産の仕入価格や管理費用など経費、さらに税金などを踏まえて目標とするキャッシュを得られる(黒字になる)のか。

築年数の古い物件はリノベーションなどをして資産価値(収益性)を高めることはできないのか。

こういった戦略を考えて、実際に黒字となるようにコストコントロールや入居者・管理会社と折衝をしていく。

内容からして、もう事業経営ですよね。

ペーパーアセットは値上がりしそう(もしくは配当金が増えそう)な銘柄を一度購入してしまえば、あとは基本的に放置です。

短期売買をする投資家は別ですが、中長期的に投資をするスタンスであれば、事業経営自体は投資をしている企業の経営陣が行います。

「他人が経営している企業の利益を得るか、自分で経営する不動産事業の利益を得るか」の違いが投資家と不動産事業家を分ける観点です。

不動産事業の運営経験はコンサルタントとしての価値向上に

経営や事業を立ち上げる・育てるプロセスは泥臭く、分析・提案とは異なるビジネスの筋肉を使います。

「打ち手の実行・推進」を起点にした「論点設定・課題抽出」に価値の源泉が移ってきているVUCAの時代。

日本の大企業においては、事業推進できる人材が不足しています。

総合系コンサルティングファームや戦略系ファームのデジタル部門が存在感を増している大きな理由も、ここにあります。

不動産事業の経営を通じて、マーケティング思考やビジネス数字力、そして「事業を運営する」経験を得た人間になる。

「打ち手の実行・推進」を行っていく過程で「走りながら考える」ことのできる人材として、ビジネスパーソンとしても重宝されるはずです。

これはコンサルタントに限らず、DX(デジタルトランスフォーメーション)や新しい事業を立ち上げていこうと積極的に投資を進める大企業で働く人間にも当てはまることです。

さらに、不動産による副収入を得られるということは、「勇気」にも繋がります。

給料とは別に「副収入がある」ということで、失敗を恐れずに本業で積極的に挑戦できたり、転職をして本当にやりたい仕事に就くこともできます。

「きつね」も都内に中古区分マンションを購入しました。

エージークリエーションという「物件の仕入れ力・管理プランの安さ・取引の透明性」の観点で信頼できる会社に出会ったからです。

「普通の会社員で終わっていいのか?」とくすぶっている気持ちがあるのであれば、エージークリエーションや不動産投資のアドバイザーサービス『セカオピ』との面談をオススメします。

あなたも、「不動産事業経営者」としての一歩を踏み出しませんか?

あわせて読みたい
【不動産投資を開始】AZ Creation(エージークリエーション):評判が良い理由と物上業者の強み AZ Creation(エージークリエーション)から中古区分マンションを購入して不動産投資を始めます。 不動産投資会社のAZクリエーションをご存知でしょうか? 知名度は低い...
あわせて読みたい
【面談体験】『AZクリエーション』と『RENOSY』紹介物件をセカオピに評価依頼 『セカオピ』に、不動産会社から紹介してもらった物件を査定してもらいました! 最終候補に残ったのは、AZクリエーションとRENOSYという2社の不動産会社。 前回の『セカ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる