【難易度別】ケース・面接対策本まとめ:コンサル転職前の必読書3選&読むべき順番を紹介

コンサルティングファームへの転職を考えるなら避けて通れないことがあります。

それは、ケース・インタビューと呼ばれる面接試験。

ケース・インタビューは大きく2つに分かれます。

「日本に電柱は何本ありますか?」といった漠然とした問題に対して、理論立てて答えを推定していく「フェルミ推定」が1つ。

それと、「A企業は新規事業を立ち上げるべきか」といった「ビジネスケース」に取り組む問題です。

短い時間と面接という緊張感に耐えながら、面接官から出される疑似的な経営課題に対する課題解決策を提示する。

コンサルティングファームで働いていると思うのは「解くべき問いは何か」「如何に効率的に最善の手を打つか」と考える日々の業務は、面接試験で体感したケース・インタビューと同じでした。

自身が総合系コンサルティングファームでマネージャーとして働きながら、転職を考えている筆者「きつね」。

コンサルとしての勤務経験と転職活動経験を併せ持つ身として、コンサル面接試験のオススメ対策本を3冊ご紹介します。

これらの本には難易度・読むべき順番があるのです。

「コンサル転職対策本の難易度・読むべき順番」を知らずにコンサル転職面接試験の対策本を読むと、対策効率が激減します!

本記事で、しっかりと順番を押さえてから対策に取り掛かりましょう!

目次

難易度1:戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法

まずはコンサル面接の基礎を知れる本をご紹介。

ケース・インタビューというコンサルティングファームの就職・転職面接を通して、「面接官は志望者に対して何を求めているのか」をすることができます。

ケース・インタビューが用いられる理由やケース・インタビューのパターンを知ることで、これからどのような対策をしていけば良いのかがクリアになっていきます。

この本を最初にオススメした理由は、入門書という位置づけに最適だからです。

ケース・インタビューにも5つの種類があることや、フレームワークやイシューツリーといった思考ツールを絡めた面接攻略法を学ぶことが何よりも大事なスタート地点だと思います。

難易度2:過去問で鍛える地頭力―外資系コンサルの面接試験問題

コンサル就職・転職を行っていると様々なケース・インタビューに直面するでしょう。

対策としては多くの過去問に取り組むことです。

「フェルミ推定」と「ビジネスケース」の2分類において、コンサルタントによる模範解答から思考プロセスを追体験できる良書です。

フェルミ推定やロジカルシンキングなどの本を読んだ人が、実際にケースを解けるまでに思考力が磨かれているかを確かめるのに最適な本だと思います。

著者は『コンサル一年目が学ぶこと』を書いた大石 哲之さんです。

日本人コンサルタントによる、日本人に向けたコンサルティングファーム面接対策本は少ないので、ぜひとも手にしていただきたいです!

あわせて読みたい
<要約・書評>コンサル一年目が学ぶこと【コンサル必読本】 あなたがコンサル一年目だろうと、他の仕事の十年目だろうと、「大事なのは仕事の基礎を体得しているか」です。 そんな基礎が、この本【コンサル一年目が学ぶこと】には...

難易度3:戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策

最後に紹介する本は、かなりの実践寄り。

外資系戦略コンサルティングファームへの就職・転職を目指す方は越えねばならぬ壁です。

筆者は一番最初にこの本を読んでしまい、心が折れた経験があります・・・。

ケース・インタビューで実際に問題を解いている志望者と面接官の対話形式で書かれているので、本番に近いプロセスをシミュレーションすることができます。

4PやPPMなどのフレームワークを用いた思考整理力、損益計算を行う会計力などの必要性を痛感できるはずです。

しかしながら、扱う題材が海外企業の事例や海外で使われる単位(円ではなくドルなど)ということもあり、少し頭に入りにくいと思います。

でも外資系戦略コンサルティングファームで活躍をしたいのであれば、海外事例を扱うことにも慣れる必要がありますからね。

1日1題取り組んでいき、少しずつ思考力を磨いていきましょう。

コンサルティング業界特化の転職エージェントに相談を

コンサルタントとして働くうえでの、最初の関門である「ケース・インタビュー」を乗り越えるための本。

これらの本を読みこんで、実際に問題を解いて、あなたの思考力を高めていくことが、コンサルタントへの就職・転職を成功させる秘訣です!

ケース・インタビュー対策はすべての基礎にはなりますが、実際には各コンサルティングファームで面接内容は異なるものです。

各ファームの特徴を知るためにも、コンサルティング業界への転職に強みを持つアクシスコンサルティングにご相談することをオススメします。

業界特化の転職エージェントである「強み」として、各コンサルティングファームの採用担当者とのパイプから得られる内部事情や過去の面接事例を踏まえた対策アドバイスなどもいただけます!

\ コンサルティング業界に転職するなら!! /

あわせて読みたい
【体験談】アクシスコンサルティングにコンサル転職相談!まずはキャリアプランをメールで コンサルタントとして10年近く働いてきました。 転職を考え始めたのでアクシスコンサルティングの転職エージェントに相談のメールをしました。 これから転職活動がどう...
あわせて読みたい
コンサル業界はブラック?転職ならホワイト500の日系コンサル【アビーム・ベイカレント・NRI】 さっそくですが、タイトルに対する答えです。 コンサルタントという仕事が「激務で残業続き・休日返上で仕事」というのは昔の話です。 今回は各ファームのサイトを参考...
あわせて読みたい
【コンサル必読本まとめ】コンサルタントが読むべきおすすめ書籍12選! コンサルタントは常に自己研鑽が求められます。 そこで、コンサルタント未経験者の新卒採用者や転職された社会人の方を対象に、「きつね」が読んできた本のなかで【コン...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる